人気ブログランキング |

K.Sat写真の目線

カテゴリ:KSat のそこまで言って委員会( 140 )


参院選 2019 (7)

まあ、常識的に考えて、少なくとも日本共産党も推薦する候補を当選させてはいけないな、、、と思う。

自衛隊のこと、皇室のこと、、など、基本的な考え方が、今の日本社会とは相いれ得ないスタンスではないの?  そうでないとしたら、同党のアイディンティティはどこに行ったのだろうか?

いずれにしても「あの時はあの時のこと、、」と、適宜に変えたりするのだろうけど。
でも、「あの時はあの時、」と自在に政党の考え方を変えることは、本来、おかしいと思う。有権者を軽視しすぎだな。

あと、立憲民主党が推薦する候補も当選させたくないなぁ。なんか、この党は、党幹部の面々がどうも好きになれない。政策ももちろん支持できるものではないのだが、、その前に、幹部の面々が、、なのだ。


今回は、野党統一候補なので、落ちたら、一石二鳥(一石二党?)効果と言えるわけか?。

そもそもが、「野党統一候補」って、何なんだろう?

さらに、そもそも、今の野党の政党って、何なんだろう?

ブログ主は、今まで、何度も、「もっと野党がしっかりしないとだめだ、」、と言ってきたつもりだ。

主に、「政策」の点でだ。なにかと「わからない」、「理解できない」、「説明が不足だ」、、を連発し、それで「反対しているつもり」でいる野党にはうんざりなのだね。、、挙句は、採決に出席しないのだが、国会内にはいたりしてプラカードで「反対」を掲げて意思表明をしたりして。。
何をしているんだか。。安保法制の審議のときなんか、頭の悪さと勉強不足を露呈させているようにしか見えなかったな、。そういうことだけが、有権者の頭の中に印象として残り、何も良いことはない、ねと思うのだが。

今回の滋賀の野党の統一候補は、"「もったいない ! 」のその先へ"、、、で、「消費増税反対 ! 」か。 

で、もし、議員になれば、その次には、「安保法制反対 ! 」って言うんだろうかね。

、まあ、「反対」だけは、得意な人物との印象はあるな。


ところで、秋田選挙区では、「日本共産党も推薦・支援する候補だから、支援できない」という理由で、元衆議院議員(非自民党)の大物政治家が、野党統一候補ではなく、自民党公認候補を支持すると意思表明をしたそうだ。先の衆院選挙で、自民党候補と争って敗れた方だが、思い切った立派な考えだと思う。


さて、滋賀では、どうなるのか?  あと選挙戦も3日限り。

政権与党候補には、ぜひ当選してほしいものだ。。秋田もだけどね。

「支持しない政党」がある有権者は、「その政党が推薦している候補だから」という理由で、統一候補には投票しない、という考え方もいいんじゃないかな。




b0155395_015029.jpg


by KSatPhotos | 2019-07-18 00:02 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

韓国への輸出三品目の取扱い変更のこと。「反日」な日本人の人たちのこと。

我が国の国内にも、いわゆる「反日」主義者というような人たちが、例えば高齢者層の中などに明確に存在していて、そういう人たちは、今般の「韓国への輸出三品目の取扱い変更のこと」については、韓国側の言い分と「全く同じ考え」を持ってSNSで発信している。
日本の中にも、やはり、そんな人たちもいるのだねぇ。

日本政府側の、「国内での運用・取り扱い変更の「趣旨」」などの説明など、多分、いくら聞いても理解することができず、ただただ「問題解決のために、韓国と、すぐに「協議」すべきだ」などという。そして、「韓国に対する経済報復だ。大人げない。」などと韓国側の主張とほとんど同じことをも言っている。

うーん、だいたい「協議」だとか、「話し合い」だとか、「外交」とか、もともとそうした言葉だけが好きそうな人たちなんだな。
結局は、いわゆる「憲法9条教」信者というか、「平和は、憲法9条さえ守っていれば、もたらされる」と信じている層の人たちかな。

そういう日本人たちが、なぜ、韓国側と全く同じ考え方をするのか、ブログ主にはとても理解できない。
そもそも韓国側の考え方が全然理解できないのに、それと同じ日本人の考え方も、理解できないのだね(ただ、それらの考え方に共通点とも言えるベースがあるようであり、それは「反アベ」というワードのようなのだが、そのことは、ここでは横に置いておこう)。

「問題解決」のためには、韓国は、「自国内で、4年前以上と比べて、ここ3年、不正輸出が非常に多くなっていること、明らかにおかしな国に輸出されていること、など、」を謙虚に把握して、そのことへの国家としての対策(どのような処置をしたのかなど)を示し、今後は「完全にゼロ」にすることの表明(具体的施策の表明)など、そういうことをある程度示し説明してもらえれば、済むことだろうに。それがなされないと、日本国自体も、「どこに渡って何に使われたりするのか?、全くわけがわからないままに、安全保障上、完全な適正管理を要請される物質を輸出した国」として、今後、国際社会で扱われることになる可能性もあるのだろう。

必要であれば、先日の「説明会」メンバーで、韓国側が「説明会」を開いてもらってもよいだろう、もちろん、協議ではないのだから、場所は日本で。。「協議する場」ではない、、のだ。

別に、制裁でも、報復でも、貿易戦争でもないのだから、「(二国間で)協議してどうにかする」という筋合いのものではなく、必要なのは「安全保障上、何の懸念も必要ないこと」と「証明」してもらえればよいこと。それさえできれば、輸出はオーケーなのであって、もともとやましいことが何らないのなら、日本の輸出管理強化など何も怖くはないはずであろう。

何も「輸出を禁止しているわけではない」のであり、「輸出の手続きを本来のものにする」という、いわば「日本国内での運用(扱い上の)問題」にすぎなく、それをことさらに、「経済報復だ、経済戦争だ、日本や世界にも害が及ぶ、、協議しよう、、。日本も不正輸出があるだろう、、」とか、言われても、どうしようもない。
むしろ、よほどやましいことがあるのだろうと思わされてしまうだけだ。

こうしたことは、普通の日本人ならば、わかることではないか?  それを韓国の人々はわからないようだし、また、一部の日本人でもわからない人たちがいるらしいのだ。

福沢諭吉は、はるか昔に、「朝鮮には関わるな」と言っていた。それは、「そうした一部の日本人の方たち」にも関わるな、、ということなのかな?、、まあ、そうなんだろうね。

「日本は、歴史問題と経済問題を結び付けている、、」とか韓国リーダーは言うが、それって、それこそ、そのままお返しで、日本が韓国に言いたいことだと思う、。 

問題点をずらし、ごちゃごちゃにするのは、レーダー照射事件のときだと全く同じだ、と思った。

そして、それに同調する日本人がいることは、そうなのかー ! とは思うが、なんかさ、なかなか理解することができないなぁ。



b0155395_12482834.jpg


by KSatPhotos | 2019-07-15 23:38 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

参院選 2019 (6)

投票日まで1週間を切った。

今朝の新聞は、全国レベル、各選挙区レベルでの世論調査に基づく中間状況等についての報道。

今回の選挙で一番の争点は「年金」とのこと。もし、そうならば、有権者はどの党にどういった考えで投票することになるのか?

「年金」のことを考えるならば、保守系の政党に投票するのが一番よいと思うのだが、、。

仮りに、どこかの政党が、「今の年金額に毎月プラス〇〇〇〇円、上乗せして払う」なんていうことを言ったとしても、今の若い世代は、「えーっ、そんなので我々の時代まで、財源、持つのーっ? 我々の負担はどうなるの?」って思考になるのではないかな? 確かに、そのような思考にもなると思う。

逆に、若い世代に十分な年金を払うことを企図して、今から原資を残しておこうとすると、今の受給者に払う年金が薄くなるのではないか?

いずれにしても、はっきりとしていることは、安定して年金制度を維持する上でも、経済政策は重要だということだと思う。

単に「年金で安定した暮しを」なんてことを叫ぶ候補者には投票しても意味はないように思う。

むろん、年金は、お年寄りが安定して暮らせるようにする制度、そのものだ。

そのことを理解した上で、多少でも年金に頼らずともよいように、貯蓄などして生きていくことが重要と思う。

恒久的に安定した年金制度を考えてくれるのは、やはり現在の政権与党ではないのかな。

野合の野党で、もし当選したら、その議員は無所属か、どこかの政党に所属するのか?

統一候補とするに際して、当該候補者と、各政党との間で、なにかしらの政策協定があって、その内容にその議員は縛られるのか?
年金政策、どうするのかしらね?。「安定した年金制度を」なんて、当たり前すぎて、政策にもならんのではないか?。ハナから政権を取る気はないのだろうと思うけど。


b0155395_23212310.jpg




by KSatPhotos | 2019-07-15 18:19 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

参院選 2019 滋賀 (5)

選挙公報が届いた。

ふむふむ、、何が書いてあるのかな? と、野合の野党の統一候補(嘉田氏)の欄を注目した。

お、ありましたよ。書いてありましたよ。

" 「もったいない ! 」のその先へ " ってって、書いてましたよ。

そして、その次に、" 消費増税は反対! 年金で安定した暮しを " って書いてました。

まあ、そこなんですね。「消費増税は、もったいないから負担するのはイヤだ ! 反対 ! 」ということなのでしょう。

それでいて、「年金はくれ、くれ、、」、と。その年金の財源は、どこから持ってくるのでしょうかね?。

でもさ、「もったいない ! 」で暮らしていけば、多分、「2000万円の赤字」という事態は、そもそも生じないと思うよ。


とにもかくにも、「ノー・モア 嘉田」ということで間違いはない。 滋賀県民は、「ノー・モア 嘉田」を選択するのか?、、、ぜひ、選択してほしいものだと思う。
「ノー・モア 嘉田」だ。

先の衆院選挙で示された滋賀1区の有権者の意思(「ノー・モア 嘉田」) が、今回は、明確に全県レベルで示されることを願う。

少なくとも、滋賀県南部に居住するブログ主の周辺では、かつて知事選で嘉田氏に投票した有権者で、もう嘉田氏には投票しないと言う方も割りといる。


さて、さて、投票日まで1週間。。いよいよ選挙戦も後半にかかる。

特定候補者(特に、ここの記事に書いた候補者)の支援要請の電話、世論調査の電話など、、どうぞ、、待ってますよ。。

b0155395_9471339.jpg


by KSatPhotos | 2019-07-14 09:47 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

参院選 2019 スタート ! (4)

b0155395_23192868.jpg
参院選 2019 滋賀全県区は、「ノー・モア 嘉田 ! 」が、有権者の合言葉だな。

絶対に当選してほしくない候補者 No.1 だね。

滋賀の野党っていうのも、何でまた、、候補者にしたの、、?  

勝てると思ったんだろうか? 、、うーんだねぇ。 滋賀の野党、創造力がないねぇ。 、、野合だからこその産物なんだな。

ムリと違うん??

まあ、ともかく落選してほしいことには、間違いない。。。

by KSatPhotos | 2019-07-10 23:16 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

某国のリーダーにアドバイス。

某国のリーダーは、「誠意ある協議」なるものを求めてきたようだが、そもそもケンカでもないし、制裁でも、報復でも、貿易戦争でもないのだから、「協議してどうにかする」という筋合いのものではないのだよ。必要なのは「安全保障上、何の懸念も必要ないこと」と「証明」してもらえればよいこと。

何も「輸出を禁止しているわけではない」のであり、「輸出の手続きを本来のものにする」という、いわば「日本国内での(扱い上の)問題」なのであり、某国リーダーは、やはりものごとをわかってないなと、今回も思わされた。

もし、「ケンカ」等と位置付けて、撤回させたい・協議したい等というのなら、まず、某国内での「日本製品の不買運動」とか、少なくともやめさせるべきだろう。みっともないのも甚だしい。まず、「誠意」というものを、自国のビヘイバーレベルで考えてみたら、どお?

あまりにも、慌てふためいて、協議だとか、自由貿易に反するとか、不当だとか、提訴だとか、、そんなばっかり言うから、却って怪しく見える。

、、と某国のリーダーにアドバイス。


更に、日本政府に、"がんばれー、変な妥協などするな ! " 、" 思う存分に戦えー、全面的に支持するからー " 、と、アドバイスだ。

b0155395_13212414.jpg


by KSatPhotos | 2019-07-09 13:21 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

参院選 2019 スタート ! (3)

「老後資金2千万円不足」が問題だからと言って、無策な野合の野党候補に投票しても、少なくとも何の解決にもならず、却って年金支給が不安定になったりするだけと思うよ。
有効なのは、年金の支給がどうだこうだ、、とかの他力本願なことだけでなく、まずは地道な自助努力も重要なこと。
「65歳に至るまで、何の貯金もせずに暮らして、65歳~95歳までの間は年金だけで赤字にならずに暮らしていけるだけの年金をもらう」なんて考えは、捨てる方がよくて、若いうちからちゃんと、国民年金も払い、貯蓄もコツコツとしておくのがよいに決まってるんだ。

それができたら、65歳到達時に1500万円でも貯蓄があれば、それをベースにして、あと、500万円ぐらいは20~25年位の間で、産み出せると思うよ。

そうしたとき、アベノミクスは強い味方になるだろう。
まずは経済。
経済が良ければ、上記のようなことも実現できるし、年金などの社会福祉の安定、向上もまたついてくる。

b0155395_2352368.jpg


by KSatPhotos | 2019-07-08 23:54 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

参院選 2019 スタート ! (2) [追加記載版]

どうも滋賀選挙区の野党の統一候補の選挙ポスターに、面白いフレーズが書かれているらしい。

前記事で書いた、先の衆院選滋賀1区で惨敗した元知事・元国政政党党首のポスターだ。

この前、掲示板前を通過したが、よく見ていなかったので、その内容は確認できていない。

笑えるフレーズらしい。

野合の野党の統一候補だから、かなり注意深く考えて作った結果のフレーズなのだろうけれど。

もう一度言いますが、"笑える"らしいです。


今度近いうちに、良く見てこよう。 ブログ主も笑えるかな~。。

確認できたら、この記事の修正で、追加記載しますねー。

************************************ 以下、追記します。*************************************

近所のポスター掲示板を見に行き、この目で確認してきました。

フレーズは、" 「もったいない ! 」のその先へ " でした。

ブログ主には、そのフレーズの意味がよくわかりませんでした。
一応、以下に記載のように、ブログ主なりの解説を試みますね。

滋賀県では、この候補者は、かつて、その「もったいない ! 」をキャッチフレーズにして、「既に着工されていた東海道新幹線新駅「南びわ湖駅」(当時の仮称)の建設凍結(中止)、「ダム建設反対・中止」などを選挙公約にして県知事選で当選し、知事時代(2期を務め、3期目には立候補しなかった)には、さっそく「民意だから」と言って、その公約どおりに、新駅の建設工事は中止、建設予定のダム(大戸ダム等)建設も中止などの施策をしたのでしたね。

しかし、この知事は、あらぬことか、2期めの途中において「京都-米原間に東海道新幹線の新駅は必要である」と他県知事との公の会議の場で発言し、県下の市長さんたちからは「知事は、県民の民意をなんと心得ておられるのか ! 」と指摘され、数日後にはその発言を撤回し、「(京都-米原間に東海道新幹線の新駅が必要という)議論のとっかかりにしたかっただけ」と釈明し、関係市の市民には謝罪に出向き、また、ダムについては、その後の度重なる水害発生に対応すべく、滋賀県は、現知事のもと大戸ダムの建設をする決定等をし直したところなんですね。

今、また「もったいない」を持ち出して、、" 「もったいない ! 」のその先へ "、、、って、何があるのでしょう、、過去には何がありましたか?

そのポスターのフレーズで言いたかったのは、何なのでしょう?  

「もったいないの先」には、「2000万円の赤字」? とか、「それは政治の責任だ」とか、言いたかったのかな?。
あるいは、「もう何もお金を使わないのだ」、「アベノミクス、ざまあみろ」、とか、言いたかったのかな??
あるいは、「もったいないの先」には、「消費増税だって!?、もったいないなんて言わずに、使っておけばよかった」、「なら、アベノミクス、失敗だろう」、「消費増税、はんたーい」とか、言いたかったのかな??

よくわかりませんでした。、、で、やっぱり笑うしかなかった。 

ともあれ、「「もったいない」のフレーズそのもの」を、「もったいなくて捨て切れなかった」のでしょうね?、。そのことは多分、確かでしょう。

で、もう一度、使うってか !?

そうすると、「もったいないのその先へ、もう一度、さらなる「もったいない」を」、、なのかな? 

国政にその「もったいない」の精神を持ち込みたいのね?

やっぱり笑うしかなかった。 

「野党の野合の結果としての統一候補」なのでしょうから、、、何か、煮え切らないままですよねぇ。


今度、かつていた会社の労働組合から、同候補への投票を依頼する電話でもきたら、その意味を聞いてみようかと思っています。

その上で、「たいがいにしろや」と言おうと思っています。


昨日は、自宅に、テレビ局(MBS)から、参院選についての世論調査の電話がありました。 

しっかりと答えておきましたよ。

また、電話くればいいなぁー。世論調査、投票依頼、なんでもオーケーですよ~。


b0155395_15453442.jpg


by KSatPhotos | 2019-07-06 15:45 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

参院選 2019 スタート !


「参院選 2019」がスタートした。

昼のニュースで与党、各野党のリーダーの第一声を聞いた。

なんか野党の言うことには、首肯できないし、しょうもないねぇ。特に、争点を「年金問題」とかしている党には、心底、うんざりだ。

滋賀全県区は、野合の野党候補 対 自民現職の一騎打ち。(N国党の立候補者もいるが、蚊帳の外ということで。)
野合野党の候補者は、先の衆院選滋賀1区で惨敗した元知事・元国政政党党首(本人曰く「成田離婚」。で、×1で、今回はその国政政党とは関係ないはず。)だ。
まさか、「滋賀全県」では「当選」というようなことにならないように、願おう。
そればかりは、絶対、いやだぜー ! なんだ。

b0155395_12212972.jpg


by KSatPhotos | 2019-07-04 12:22 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

さらば、韓国。

さらば、韓国。

「ホワイト」国になれたら、また会おう。


b0155395_23222624.jpg


by KSatPhotos | 2019-07-03 23:22 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)