K.Sat写真の目線

カテゴリ:KSat のそこまで言って委員会( 85 )


県の知事ということ。

 「愛媛知事、加計氏の会見に納得せず「最優先は説明責任」」との報道があったが、このマターは、県や市に向けての学園側の説明を聞いた上で、自分のところ(愛媛県)で自分たちの裁量範囲でできること(愛媛県政)をすれば済むことではないか??  別に、「記者会見すべき」などと県知事が言う(それも、記者やTVカメラに向かって言う)立場でもないと思うのだが。 何をどうしたいというのか? かつてよくあった「土下座しろ」とか言うのと同じレベルのように思ったりする。

 ところで、次の日曜日は滋賀県知事選挙の投票日なのだが、ある候補者は、選挙公報の上段に「もう黙っていられないアベ政治」と書いている。これは変なアピールだと思う。
 黙っていられないなら、少なくとも「自らの主張したい事項」を具体的に書いてほしい、、わけなのだ。

 何か、選挙とか、有権者とか、甘く見過ぎではないのか。
 結構、有権者は、知事とか、知事候補とか、、あなたたちの主張とか見ているのよね、。

b0155395_10181580.jpg


by KSatPhotos | 2018-06-21 10:19 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

日大アメフト部責任者が謝罪するって、何を謝罪するのだろう??

日大アメフト部事件。どうやら、監督が関西入りしたようであり、明日にでも謝罪に行くような状況にあるらしい。

ところで、何を謝罪するのだろうか? それが注目点の一つ。

すなわち、

(1)「指導者の指導内容と、指導を受けた選手が受け取った内容との間に乖離があったこと」を謝罪するのか。

(2)「最初のラフプレー時点で、選手を呼び戻して「指導している内容と相違している」と、選手を叱らなかったこと」を謝罪するのか。

(3)「選手が勝手にやってしまったが、試合中に起きたことなので、全責任は監督にある」、として謝罪をするのか。

等など、、。 要注目だ。

b0155395_111243.jpg


by KSatPhotos | 2018-05-19 01:11 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

試合直後に表明した監督コメントを撤回するっ、て。「責任の所在」ということ。

日大アメフト事件のことだが、本日、関学関係部からの質問に対する日大アメフト部側からの回答の内容が明らかになった。

回答は、連名で提出されていて、その一人は内田監督。

その回答の中で、試合直後にメディアに発せられた監督のコメントは撤回するということで、該コメント自体がなかったものとされていた。

うーん、普通、コメントなり発言なりを後に撤回するというのは、「相手や第三者に対する失礼な発言とか、社会に対する暴言」とか、そういう発言やコメントだと思う。
それに対して、今回撤回されたのは、「・・・やらせている自分の責任だ」という趣旨の監督発言だ。
すなわち、「相手に対する礼儀を書いた失言とか暴言」といった類いのものではない。

むしろ、「責任の所在ということ」への考え方・姿勢を不明確にする結果を招くこととなった。

なんだか、関学側は、到底納得できるものではないだろうな、、と思う。
そんな撤回がいつでも「あり」ならば、今後、日大側からされる「謝罪の言葉」とか、「今後の発生防止策」など、全く信用されないものになると思う。後日、「撤回」も簡単にありならば、、何も信用できないよね。

もし、その監督コメントが真意でなく、誤解を招くもとであったとでも言いたいのなら、撤回ではなく、誤解を払拭させる追加のコメントなどをするのが正しいアクションだろうと思った。

ともあれ、監督の責任はなかったというようにもっていきたい日大サイド。

今後、謝罪したとしても、関学側の怒りがおさまるはずはないだろうねぇ。。
何で、そんな回答をしたのだろうか?? 致命的なミス対応でないかと思う。

くだんの学生個人に責任を押し付けるという方針のもとで、考えられた対応なのだろうがねぇ。


b0155395_2257220.jpg


by KSatPhotos | 2018-05-17 22:59 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

日大アメフト部の悪質タックルに、がっかり。


名門日本大学のアメフト部の悪質なタックル、テレビで見たけど、あれはいかんわー。厳罰に処して反省を促さないと、あの悪質タックルをした選手とそれを容認しているかのような監督は、「スポーツの心」とか、「人命」とか、いろいろな勘違いをしたまま今後の人生を生きていくことになると思う。

特に、監督の発言を聞くと、監督の指導が一番問題だと思うけど、コーチが当該選手に「QBを殺したら、試合に出してやる」と言っていたのを複数の選手が聞いていた、という報道もあった。

何か、そんな考え、まずいでしょー。
びっくりだよ。

b0155395_1503845.jpg


by KSatPhotos | 2018-05-15 01:51 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

この国の野党って。

この国の野党の「ザマ」を、全て、国民は見ている。

何のために存在しているのだろう?

必要性が感じられなく、むしろ「不必要な存在であること」をアピールしているような野党って何?

国会の膿というようなものか。  

完全治癒への一過程と思うことにしよう。

ま、○○「民主」党って、おかしいやぃ。 
もしかしたら、単に「何とか民主党」って党名につけたいばっかりに、、、集まったり、散ったりしてるんじゃないの??  
党名でアピールしようとしてもダメだよ。むなしぃ、、。

政党としての行動でアピールしなくてはね、。公約とか、、さ。

そういえば、昨年の総選挙のときに、「もりかけ問題の徹底追及」というのを公約の第一にしていた政党があったねぇ。。。衆議院議員の任期期間、それをするつもりやったんだろうかね??

しっかりとしないとねー、、いずれ、ほぞを噛むことになるよ、。。

国民は、しっかりと見ているのだから、。


b0155395_10154362.jpg


by KSatPhotos | 2018-05-09 10:14 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

野党の存在ってことの、、。

野党の国会議員(維新の議員を除く)って、一体、何のため、誰のために、いるのだろう??

議員報酬・給料は、全額もらっているんだろうね。肝心なことの審議に参加もせずに、。

国民の「一票」を無駄にしてしまうこと、甚だしいと思う。

選挙をしても議席数をとれないはずだよ。国民は全て見ているんだ、、と思うよ。

テレビが発表する「内閣支持率」なんかを真に受けていると、野党は、のちのち、ほぞをかむと思うよ。

国民はすべて見ているんだから。。

国民はすべて見ているんだから、、。。 

そのざまを、、さ。


b0155395_1381498.jpg


by KSatPhotos | 2018-04-25 13:09 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(2)

「働き方改革」のこと。

先日、昼のニュース・ショー番組で、「「一日の残業時間が25時間」なんてあり得ないでしょう」と、メインキャスターが言っていた(1日が24時間だからという理由らしい)。

でもね、例えば、金曜の17時の定時後、次週の準備等のために、そのまま残業に入り、徹夜で仕事をしてそのまま土曜日の18時頃までぶっ通したとしたら、残業25時間ってこともあり得るわなー、と思った。たとえば、「午前3時」を「27時」と呼ぶ時代でもある世の中なんだ。

ブログ主も、会議や出張などで忙しい時は、そんなこともあったなー、と思い出す。。。

上のケースでは、単に「休日出勤」とするのも正しくはないしね。

ただ、管理職だったから、残業としてつけることはなかったなー、。

いやー、昔の話しだねー。。

いや、組合員時代にも1回あった、、。次週の月曜日がお役所の期限の仕事で、、木曜日とかには管理職の上司に出していたのに、金曜日の定時ぎりぎりになって、「これじゃ、ダメだ」となって、徹夜で修正に入った。

そのダメだと言われた内容は、その上司も交えて、社内関係部署の担当者とも対応方針として、これで行こうって合意していたのにね。。結構、会社的には重要な事案だった。

徹夜で修正に入ったと上に書いたが、実際には、一人で思考をしながら文章を組み立てていく書類作成作業であり、管理職の上司が「自分で作る」と言い、ワープロに向かった。そして、徹夜モードに。。。 部下の私は、家に帰らずに待機状態で、別の仕事とか、したりしていた。

そのうちに、土曜日の日中時間となり、プレッシャーからか、上司の頭脳がパニック状態になったようで、「できないー」とか言い出した。土曜日は休みなのだが、上記の社内関係部署の担当者にも会社に来てもらい、上司の考えた新方針について同意を得て、そのあとは、私も一部の書類作成作業を請け負って、土曜日の夜に、完成した。

いやー、思い出した。。 その仕事は、役所を舞台にして、勝ち負けを他社と争うようなものなのだが、結局、当社は勝った。。

でもさ、新方針の内容で「勝った」としても、あまり意味はなかったのよね。だから、最初の方針で行くことに決めていたわけでもあるのにねぇ。。

あたしゃ、当初のあたしの作った書類のままで、勝負したかった。。

いずれにしても、遠い昔の話し。

あの組合員当時は、多ければ月に15万~20万円ぐらいの残業手当をもらっていたように思う。
何というか、もちろん、あまりまともには残業時間をつけず、かなり少なめに付けていたわけだけどね。

あの上司の部下の頃は、残業時間は、比較的しっかりとつけていたね。。普段から大変なんだもの、、。


あ、で、冒頭のことだが、元々サラリーマンの世界を全く知らないと思われるキャスターには、そうした働き方のことに関して、「「一日の残業時間が25時間」なんてあり得ないでしょう」とか、、安直な意見みたいなのを茶の間に流さないでほしい。。と思ったわけ。

それにしても、「働き方改革」かぁ、、。そういうことが国会で論議される時代が、目の黒いうちに来るとは思わなかったな。

もし、「1日の残業時間が25時間」なんておかしいというような指摘がもとになって法案審議がなされないなら、ちょっとヘンだよとも思う。。

法案作成のベースとなった「データが間違っている」ということがあったらしいのですが、その具体的内容は、あたしなぞは知らないままに、キャスターの発言したことをベースにして、この記事を書きました。

b0155395_110406.jpg


by KSatPhotos | 2018-03-08 01:10 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

韓国の康京和(カンギョンファ)外相

27日朝、以下のニュースが流れきた(産経新聞)。

なんか、この韓国外相の言動には、ちょっとねぇ。。

昔のこととか、今のこととか、ごちゃごちゃにしているような気がするしー、。

2国間の特別な合意のことなど、言及する必要はないのではないの??



絶対に日本国政府としては、毅然たる態度でいてほしい。




【ジュネーブ=三井美奈】韓国の康京和(カンギョンファ)外相は26日、国連人権理事会のハイレベル会合で演説し、2015年の日韓合意は元慰安婦救済に十分ではないと指摘し、「政府は被害者の傷を癒やし、尊厳回復のための手段をとる」と述べた。

 日韓合意は慰安婦問題について、国連や国際社会で「互いに非難・批判は控える」と定めたが、康外相は国連の場で再び喚起。「以前(の政権)は被害者中心の解決策をとらなかった」として、文在寅(ムンジェイン)政権では異なる姿勢をとると強調した。「戦時中の性暴力について、われわれは慰安婦問題など過去から学ばねばならない。生存する被害者は尊厳回復を切望している」と訴えた。

b0155395_9231539.jpg


by KSatPhotos | 2018-02-27 09:26 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

鳩山由紀夫氏のツイート。

鳩山由紀夫氏が、以下のようなツイートをしていた。
何だか、ヘンな元総理間大臣だねぇ。
当時、なぜこんな人が、政権をとったのか?? 当時のことを思うと腹立たしいような。民主党なんだよねぇ。

ともあれ、「従軍慰安婦」って言葉を使用していることもヘンだし、「最終的かつ不可逆的な問題の解決」という点についてのコメントもノーグッドと思う。

さて、五輪を政治利用し放題の韓国政府だが、安倍首相が五輪に行くことは、とても賛成できないね。何の成果も期待できないのではないか。。



************************以下、鳩山氏のツイート*****************************
従軍慰安婦問題の最大の問題は、2年前韓国側が「最終的かつ不可逆的に解決した」などという合意をするべきでなかったことだ。謝ったから二度と謝らないからな、と言う意味を持つ合意をなぜ韓国政府が呑んだのか。韓国の国民が怒るのは当然ではないか。当時からこんな合意がもつはずないと思っていた。
**********************************************************************

b0155395_1611311.jpg


by KSatPhotos | 2018-01-24 16:11 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

「盛り土」信者、、って。

 一つ前の記事にも追記しているが、同記事の文章のうち、1~5行目までをツイッターにも書いたのだが、ツイートして10分くらいしたら、著者の有本香 氏ご本人が「イイネ」をしてきた。
 訪れる人もほとんどいないツイッターなのにね、びっくりした。そのあと、24時間経った今では、「イイネ」は40ぐらいになり、リツィートも4つほどされている。写真の記事では、「イイネ」などしていく方はほとんどいないのだが。

 そして、このブログにも、19日は130人超の訪問者があって、大盛況。おかげさまで、あと数人で累計訪問者数12万人達成という状態となった。

 また、そのツイッターに「返信」を書き込んできた御仁もいた。「小池都知事の信者」らしき御仁(あるいは、ある政党の党員かファンの方か)で、私にと思うが「バカ」とかいきなり書き込んできて、「なんか、ちょっとねぇ」いう感じの方。まあ、「盛り土」信者というのかな、。あの建屋内の地下の空間部分で、盛り土がなされていないことを盛んに言い立てたい模様。←ここがある政党の党員か支持者かファンかと思う理由だ。


 で、ほんの少し、「建屋内の地下空間での盛り土のこと」に関して記しておこうと思い、この記事を書いた。いや、はっきり言って、もう忘れかけていたことだったので、備忘録として書いておくという趣旨なんだが。
 なお、もし、当時、ブログ主がこのブログで書いたことをもっと知りたいという方がいれば、カテゴリ「KSat のそこまで言って委員会」の記事を拾って、そのうちの2年前~2年半前の記事で探せると思うので(50記事位前)、よろしくお願いする次第であり、「地下空間、いいんじゃないの」というようなタイトルの記事なんだ。

さて、メモだが、以下のとおり。

(1)「盛り土」が安全対策として効果を奏するのは、「汚染土に対する対策としての、当該汚染土の除去と、それで出来た空間への「清浄土」の充填・盛り土」としてまでであり、一方、「地下深くにある水・水脈の汚染」に対する対策としては効果はほぼ期待できない。つまり、「地下にある水や水脈の上方地表で、清浄土を盛るという対策」をとったところで、さほどの効果はないわけだ。後者には、「水の排出」が効果的と思われる。

(2)その「水の排出」は、地下空間を使って行えば簡単にできるし、また、地下水脈の水質のモニタリング等の常時監視もできる。つまり、同地下空間を利用してリアルタイムに地下水の監視と対処策の実施が容易にできるということだね。要は、すばらしき「地下空間」なのだね。

 ヘタに盛り土をすると、汚染された水が地表面まで浸み上がってくることも考えられるし、大地震時の液状化とそれにともなう「地表への現出」などもこわい。

 ただ、いずれにしても、水処理システムをフルに稼働させて、地下の水がどんどん清浄な水に置換されていくようにシステムを動かしていくことにより、「有限であろう汚染」はなくなってゆくよね。

(3)こういうことは、中学生レベルでも十分な理解できることではないかな??  行政のリーダーたる者は、こうした説明を聞いてわかる程度の頭脳を持たなければ、リーダーとしてどうかなものかと。第三者委員会の技術専門家メンバーでも、あの地下構造を絶賛していたと思うのにね。。聞く耳はなかったのだろう。不都合なことには聞く耳を持たないという態度では、委員会を構成する意味はない。
   ともあれ、専門家委員会から「安全」と聞かされたとしても、今度は「安心がない」という。。じぇじぇじぇ、、だ。それは、自身の心の問題。

(4)一応、メモは上のとおり。備忘録として、ここに残す。

以下は、付記。

   小池都知事は、就任の初期の段階で地下空間のことに「飛びつき過ぎた」ように思う。
   それがまた、某政党の連中をのぼせ上げさせたように思う。何度もテレビで出てきてたよね。
   また、都担当者らにされた犯人探しと処罰。
   当時、思い浮かんだのは、「あー、魔女狩りしてるねー」ってことだった。今、思うと、処罰を受けた担当者はえらい、。
   知事は、都職員とどんな関係を築きたかったのだろうかねぇ。いずれにしても、都職員との関係はかなり悪化したはずだ。

   翻って、あたしゃ、と言えば「(建屋の地下での)盛り土不要」信者なんだろうねぇ。 盛り土がされた方がよいのは、屋外での話。
   ともあれ、移転が明確に決まり、まぁ、良かった、良かった。。
   
   都知事には、ゴタゴタで生じた諸々のマターの時間的遅れと経済損失を一日でも早く取り戻すべく、相応の自覚・責任感をもって相当がんばってもらわないとねぇ、。
   ホント、青くなっているのではないかな?? 自ら誕生させた国政政党の代表を早期に辞任した真の理由もそのあたりにあるのだろう。



(なお、幻冬舎文庫「「小池劇場」の真実」は、単行本「「小池劇場」が日本を滅ぼす」に少しの加筆・修正をして改題し刊行されたものです。もちろん、いずれも有本香 氏著、幻冬舎発行です。
 文庫本は540円。良い本と思います。是非、読んでみてください。老若男女を問わずにね、、。 読んだ方は、有権者としての意識が変わるかもですよ。)


  
b0155395_042234.jpg

 


by KSatPhotos | 2018-01-20 00:42 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)