人気ブログランキング |

K.Sat写真の目線

2019年 07月 15日 ( 2 )


韓国への輸出三品目の取扱い変更のこと。「反日」な日本人の人たちのこと。

我が国の国内にも、いわゆる「反日」主義者というような人たちが、例えば高齢者層の中などに明確に存在していて、そういう人たちは、今般の「韓国への輸出三品目の取扱い変更のこと」については、韓国側の言い分と「全く同じ考え」を持ってSNSで発信している。
日本の中にも、やはり、そんな人たちもいるのだねぇ。

日本政府側の、「国内での運用・取り扱い変更の「趣旨」」などの説明など、多分、いくら聞いても理解することができず、ただただ「問題解決のために、韓国と、すぐに「協議」すべきだ」などという。そして、「韓国に対する経済報復だ。大人げない。」などと韓国側の主張とほとんど同じことをも言っている。

うーん、だいたい「協議」だとか、「話し合い」だとか、「外交」とか、もともとそうした言葉だけが好きそうな人たちなんだな。
結局は、いわゆる「憲法9条教」信者というか、「平和は、憲法9条さえ守っていれば、もたらされる」と信じている層の人たちかな。

そういう日本人たちが、なぜ、韓国側と全く同じ考え方をするのか、ブログ主にはとても理解できない。
そもそも韓国側の考え方が全然理解できないのに、それと同じ日本人の考え方も、理解できないのだね(ただ、それらの考え方に共通点とも言えるベースがあるようであり、それは「反アベ」というワードのようなのだが、そのことは、ここでは横に置いておこう)。

「問題解決」のためには、韓国は、「自国内で、4年前以上と比べて、ここ3年、不正輸出が非常に多くなっていること、明らかにおかしな国に輸出されていること、など、」を謙虚に把握して、そのことへの国家としての対策(どのような処置をしたのかなど)を示し、今後は「完全にゼロ」にすることの表明(具体的施策の表明)など、そういうことをある程度示し説明してもらえれば、済むことだろうに。それがなされないと、日本国自体も、「どこに渡って何に使われたりするのか?、全くわけがわからないままに、安全保障上、完全な適正管理を要請される物質を輸出した国」として、今後、国際社会で扱われることになる可能性もあるのだろう。

必要であれば、先日の「説明会」メンバーで、韓国側が「説明会」を開いてもらってもよいだろう、もちろん、協議ではないのだから、場所は日本で。。「協議する場」ではない、、のだ。

別に、制裁でも、報復でも、貿易戦争でもないのだから、「(二国間で)協議してどうにかする」という筋合いのものではなく、必要なのは「安全保障上、何の懸念も必要ないこと」と「証明」してもらえればよいこと。それさえできれば、輸出はオーケーなのであって、もともとやましいことが何らないのなら、日本の輸出管理強化など何も怖くはないはずであろう。

何も「輸出を禁止しているわけではない」のであり、「輸出の手続きを本来のものにする」という、いわば「日本国内での運用(扱い上の)問題」にすぎなく、それをことさらに、「経済報復だ、経済戦争だ、日本や世界にも害が及ぶ、、協議しよう、、。日本も不正輸出があるだろう、、」とか、言われても、どうしようもない。
むしろ、よほどやましいことがあるのだろうと思わされてしまうだけだ。

こうしたことは、普通の日本人ならば、わかることではないか?  それを韓国の人々はわからないようだし、また、一部の日本人でもわからない人たちがいるらしいのだ。

福沢諭吉は、はるか昔に、「朝鮮には関わるな」と言っていた。それは、「そうした一部の日本人の方たち」にも関わるな、、ということなのかな?、、まあ、そうなんだろうね。

「日本は、歴史問題と経済問題を結び付けている、、」とか韓国リーダーは言うが、それって、それこそ、そのままお返しで、日本が韓国に言いたいことだと思う、。 

問題点をずらし、ごちゃごちゃにするのは、レーダー照射事件のときと全く同じだ、と思った。

そして、それに同調する日本人がいることは、そうなのかー ! とは思うが、なんかさ、なかなか理解することができないなぁ。



b0155395_12482834.jpg


by KSatPhotos | 2019-07-15 23:38 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)

参院選 2019 (6)

投票日まで1週間を切った。

今朝の新聞は、全国レベル、各選挙区レベルでの世論調査に基づく中間状況等についての報道。

今回の選挙で一番の争点は「年金」とのこと。もし、そうならば、有権者はどの党にどういった考えで投票することになるのか?

「年金」のことを考えるならば、保守系の政党に投票するのが一番よいと思うのだが、、。

仮りに、どこかの政党が、「今の年金額に毎月プラス〇〇〇〇円、上乗せして払う」なんていうことを言ったとしても、今の若い世代は、「えーっ、そんなので我々の時代まで、財源、持つのーっ? 我々の負担はどうなるの?」って思考になるのではないかな? 確かに、そのような思考にもなると思う。

逆に、若い世代に十分な年金を払うことを企図して、今から原資を残しておこうとすると、今の受給者に払う年金が薄くなるのではないか?

いずれにしても、はっきりとしていることは、安定して年金制度を維持する上でも、経済政策は重要だということだと思う。

単に「年金で安定した暮しを」なんてことを叫ぶ候補者には投票しても意味はないように思う。

むろん、年金は、お年寄りが安定して暮らせるようにする制度、そのものだ。

そのことを理解した上で、多少でも年金に頼らずともよいように、貯蓄などして生きていくことが重要と思う。

恒久的に安定した年金制度を考えてくれるのは、やはり現在の政権与党ではないのかな。

野合の野党で、もし当選したら、その議員は無所属か、どこかの政党に所属するのか?

統一候補とするに際して、当該候補者と、各政党との間で、なにかしらの政策協定があって、その内容にその議員は縛られるのか?
年金政策、どうするのかしらね?。「安定した年金制度を」なんて、当たり前すぎて、政策にもならんのではないか?。ハナから政権を取る気はないのだろうと思うけど。


b0155395_23212310.jpg




by KSatPhotos | 2019-07-15 18:19 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)