人気ブログランキング |

「割れ鍋にとじ蓋」はダメ。。まだ韓国国会議長が徴用工問題についてヘンなことをいっている。

(本記事は、当初、2019年11月27日に掲載したものですが、一部の文章表現を変更して再度、掲載するものです。)

「元徴用工ら1500人に慰謝料などとして計約3000億ウォン(約277億円)を支給する」という内容の法案を、韓国国会議長が提案しているとのネット報道があった(時事通信社、11月26日22時04分)。以下の******の間の記事。

日本政府や日本企業などを含めたもので、先日早稲田大学で講演したときに話したヘンなことを具体化したような感じ。

だからさ、、「割れ鍋にとじ蓋」的な解決なんか、、何にもならないのよ。。

「割れ鍋」ってのは、「韓国最高裁の判決」のこと(国際法違反の状態のこと)だわな、、。「とじ蓋」ってのは、「こういう法案」のことだわな、。。

何もわかっていないし、、、問題の本質をわからなくするだけ、、思考の混乱を招くだけだと思うよ、、、。

如何にも韓国らしく、、ほんと恥ずかしくないのかな?  根底には、日本を、ズルズルと泥沼の世界に引きずり込もうとするような、、「悪意」とか、あるいは「罠」とか、、、そんなものすらブログ主は感じるぐらいのものなのに、、。
 
あのさ、韓国の最高裁判決の「成否」自体が争われるべきだと思うわけで、日本側では、日韓議員連盟の幹事長職の国会議員さんなんかはね、、、安易な「とじ蓋」に対する更なる「とじ蓋」的評価などを安易に発信したらいけないのよ、、と思う。後々のことを考えれば、当然のことだ。

あの最高裁判決を認めた上での「解決」になるようものでは、、日本国側では、そもそもの解決にはならんのよ(明らかに韓国側は違うのだが)。。。

まして、「一度ぐらい、、合意したからって、、」と国家リーダが言っているぐらいの国なのだから。。そんな点でも、更なる細心の注意が必要なのよ、と思う。そんな案に乗ったらアカンからね、、と思う。

国際司法裁判所で決着をつけるしかないでしょう、、と思う。。
それが両国ともすっきりとする解決策なのよ、、と思う。 何を、両国政府、、ためらうことがあるのか!?




*************************************************************************************

【ソウル時事】韓国の聯合ニュースは26日、元徴用工問題の解決を図るため、文喜相・国会議長がまとめた法案の詳細を伝えた。

 日韓両国の政府や両国企業が創設する基金を通じ、元徴用工ら1500人に慰謝料などとして計約3000億ウォン(約277億円)を支給する内容という。日本企業は基金に「自発的に寄付」する仕組みだ。

 文議長の関係者が同日、元徴用工らが参加した懇談会で提示した。文議長は今後、関係者らの意見を聴取した上で法案に反映する考えで、内容が変更される可能性もある。年内にも発議する方針とされるが、早期の立法化は厳しいとの見方もあり、来年に持ち越されそうだ。(以下、省略)

*************************************************************************************

「割れ鍋にとじ蓋」はダメ。。まだ韓国国会議長が徴用工問題についてヘンなことをいっている。_b0155395_1202649.jpg

by KSatPhotos | 2019-12-03 17:26 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)