人気ブログランキング |

K.Sat写真の目線

新元号は「令和」に決まった。

1日お昼前に菅官房長官から発表があり、新元号は「令和」に決まったとの由。

なかなかと感じの良い視覚と響き、意味の三拍子揃った元号名と思った。

最初に聞いたときの印象は、「令」の字に、「律令」とか「法令」などの固い(頭がかな?)イメージを第一に感じ、少しどうかなとも思ったのだが、ご令嬢、ご令室の「令」でもあり、また、ブログ主の世代には、女性の名前などでもよく見た「字」でもあり(有名女優でも「令子」さんがいたね)、なかなかと感じの良い全体ネーミングと思うようになった。上記した第一の印象だって、「規律」とか「決まり」という意味にあって、本来、特別に毛嫌いするものでもないだろうし。

まあ、「昭和(戦後)から続く「今の日本」を愛する日本人」であれば、また、同様に、今の日本を理解して愛しているなら、日本国内はもちろんたとえ海外に住む外国人であっても、知れば知るほどに、皆、首肯して愛でる「新元号」名ではないかな? まあ、例外としては、もともと天皇制を問題視しているような日本の一部政党の党員さんらには、「元号制度」自体がまんで受け入れ難いものだろうけれどもね。

ついでに、改めて、一般論として「漢字一文字が持つメッセージ性とか、その内部に秘められているパワー」というようなものに思いをはせた。
「漢字」ってやつは、覚えきれないぐらいにいっぱいあってさ、、、それで、それぞれは何も言わないけれどもさ、なかなかみんなイイやつなんだなっ、、てさ、、。

近隣の国では、「漢字」を捨てた国があるけどさ、、、。そのため、該国では、今では古い歴史ある書など、若い人たちはもう読めないっていう事態になっていると聞いた。まんで、間違っているに違いないよ。、、だから、「感情」で動くことばかりする、。そんな国が、「歴史から学ぶ」とか、、「歴史」、「歴史」と言う。。


おっと、横道にそれた。。

ふー、あとひと月弱で、泣いても笑っても「平成」は終わり、「令和」が始まるってわけだ。

、ということは、ブログ主は、またまた化石に近づくわけだな。
学校給食の「コッペパン」、「脱脂粉乳」、「石鹸のようなチーズ」などなど、、みんな知っているぞー、化石だぞー、、ってさ。。


1
b0155395_1331141.jpg







2
b0155395_135492.jpg


by KSatPhotos | 2019-04-03 01:38 | ライフ | Comments(0)
<< 残像の記憶、MAYU 今日は、新元号の発表の日。 >>