人気ブログランキング |

K.Sat写真の目線

W杯サッカー、日本チームが対ベルギー戦で敗退した。

ブログ主は、3時過ぎに起きて3時5分頃から試合終了/監督・選手インタビュー等まで、ナマで見ていた。
やはりベルギーは強かった。日本は、2-0までリードし予想を超える奮戦だった。
サッカーの神様は、確かに、日本チームに微笑んでいたと思う。

しかし、最後は、「秋の空と女心」のように、サッカーの神様(女神に違いない)はベルギー・チームに微笑んだ。

試合後のインタビューで、西野監督が、インタビュー者に対して「何が足りないんでしょうね?」と問うていたのが印象的だった。監督が答えるべき「答」なのに。

その答え、ブログ主が考えるのは、「ここぞというときに、1点を取れて、1点を守り切れる、地力」かなと思う。

3失点とも、あと一歩のところで何とか守り抜くことができた点のようにも思うのだ。そのためには、個々の力(地力)をあと、10%とか程度、上げることかなと思う。

ブログ主は、スポーツのプレイヤーとしてはど素人であるが、そのように思った。

とにかく、「負けている試合なのに、パスを回して時間をつぶすという如き発想」などは、きっと捨てないといけない。
そうした発想からは、「ここぞというときに、1点を取れて、1点を守り切れる地力」を含めて、何であっても、「何かに昇華するモノ」は、微塵も無いよ、、と思う。
良く戦ったとは思う。ベストを尽くしたとも思う。
でも、それだけでなく、勝ってほしいのだ。

4年後はどんな進化をしていてくれるのか??
サッカーの神様は、日本チームの再来を心から待っていると思うよ。


良く戦った。ごくろうさまでした。特に、滋賀出身の乾選手、2得点、良かったです。
それと東北出身の柴崎選手、すばらしかったと思う。

日本チーム、ありがとう、、でした。


【画像は、女神のつもり。】

b0155395_18374068.jpg


by KSatPhotos | 2018-07-03 18:37 | スポーツよもやま話 | Comments(0)
<< 残像の記憶 玲菜 01 対ベルギー戦 >>