K.Sat写真の目線

ジョウビタキという渡り鳥。

今日(6日)の日中ずっと、家の裏に珍しい野鳥がいた。

朱色のお腹に黒い羽根、羽根には白い斑が平行四辺形状に入っている。

大きさはスズメよりも少し小さいぐらい。

人を怖がらず、2~3m近くまで近づいても、黙ってこっちを見ていて逃げない。

それ以上に近づくと、逃げるが、しばらくすると、また近くにやってくる。

野鳥図鑑で調べたら、どうやらジョウビタキという渡り鳥の雄のようだ。

単独で行動し、縄張りを一羽単位で持つ習性を有しているらしい。

明日も来るかなぁ~、、楽しみだ。 

明日は写真を撮れれば撮りたい。

写真は、「野鳥図鑑」から借用したものです。
b0155395_202317.jpg


by KSatPhotos | 2018-02-07 02:00 | Comments(0)
<< 第三楽章 - 2017 遊莉 ... 雪の岩手山 >>