人気ブログランキング |

K.Sat写真の目線

衆議院総選挙、もう勝負がついたんだろうねぇ。

野党党首には、誰も、やる気があるようには見えない。

本心は「この難しい局面で、政権を担いたくない(安倍政権で引き続いて、、お願いねっ)」というような感じが何となく、あるような。「安倍政権を終わらせる」などと意気込む政党も、終わらせて、じゃあ、その後どうするか?? という点では、何もないような感が強い。


主張は、「身を切る改革」とか言い、それは「消費税を上げる前に、議員とか公務員の給料を下げろ」という意味か??、、。 何だろうねぇ、、議員給料はまだしも、、「公務員の給料を下げなければ消費税のアップをさせない、、」ということだが、別に公務員の給料を下げたところで、なぁ、、。それなら、社会みんなの給料を下げた方がまだいいんじゃないか??。 そう言えよ。。みんなで改革のために身を切ろうってさ。
(大阪府の公務員って、選挙のたびに、その後に減給されていくってことなのかぃ?? そうならば、どんどんと給料減っていくよ、。 政策として、そんなんでいいのかいな。公務員よ、立ち上がれ!!って、言いたくなる。)

あと、「モリ・カケ」問題。追求しきれなければ、それで仕方ないのではないか、、「もし、更に追求したければ」、「今、持っている証拠を全部集めて、あとは特捜なり司法なりに任せればいいのだよ」と思う。国会議員は本来的な仕事にもっと向かうべきと思う。

野党党首が「できている」と言うような「教育の無償化」は、安倍自民党が言う「教育の無償化」とは中身が違う。内心、良く分かっているのだと思うが、。

野党の党首は、本心は、安倍自民に勝ってもらい、、自分のところは、「そこそこ」生き残れたら万々歳と思っているのだろうとしか思えない、、、と、KSat は勘ぐっている。

まあ、いつの選挙でもそうなのかもしれないが。。。

「どこの野党がどれだけ減らして、、、どこの野党がどれだけ増やすのか、、が、「今回の総選挙での興味あること」であり、それで、今後の日本が向いてほしいとする国民の一つの意思(少数派であろうとも)というのが、だいたい掴めるのだろうと思う」のかな。。その2党とは、いずれも新政党であり、全体としては、この両政党間の争いも注目だ。。
既存の政党は、両新政党の互いの争いの中でどれだけ埋もれるずにすむかということだろうねぇ。

対北朝鮮、外交等の点では、経験が豊富で、安定していて、世界からもリーダーとして一目置かれている安倍自民党以外に託すことができる政党はないだろうね。。

まあ、「あたり前だ」の総選挙か??、、運動期間も残り3日弱。。

何とか、「日本を守る」という気概のある安倍自民に、圧倒的に勝ってほしいと願う。

今日は安倍総裁が滋賀県にも来る予定だ。湖国に熱い思いをぶつけていってほしい。

b0155395_11571311.jpg


by KSatPhotos | 2017-10-19 11:57 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(0)
<< 社民党と共産党の「安全保障法制... 2014.10 残像の記憶 >>