K.Sat写真の目線

「政党間格差」

今回の総選挙ほど「政党間格差」があるってわかったのは初めて。
何の格差かというと「政党の能力」。まぁ、思考力、判断力、政策創造能力というようなこと(政策の「内容」ではなくて。)。

いくら説明を聞いても、難しそうな顔をして、「わからない」、「わからない」って繰返して済む世界があったのだね。実社会ではあまり知らない世界。

そして、自分がわからないってことを、「説明が足りないからだ」と説明側の責任にする。基本的には、自分勝手な憶測のもとで。(自分勝手に憶測をして、「それを否定するなら、その説明をしろ」って、全くおかしいよ)

「わからない」「わからない」を繰り返すこと、また、「憶測をすること」というか、もしかしたら幻覚のように頭の中で見えたのか、、とにかく、頭の中で作りあげたそれ(シーン、ストーリィ)を信じてしまうこと、、こうしたことは、なんだか、痴呆症の症状と同じもののような気がする(*注1)。

え?、政党なのかぁ? 

いやいや、「政党」も人間が構成するものだから、当然に、痴呆症って出てくるんだなと理解した。
自覚症状を感じたら、引退すべきだね、、政党でなく、構成する人間が、政界から、、だよ(特に、ワンマン運転的な政党なら、そうすべきだよ)。

ちなみに、あたしゃ、2年半前に引退したよ。政界ではないけど。

((*注1)・・・私の母は、現在要介護で老人施設に入っているのですが、「独居老人」時代は、この「幻覚」というか、「思い込み」というか、、そういうのがあって、大変でした。自分だけではなく、少し第三者を巻き込んじゃうんです。ヘルパーさんとか、、ね。
 実際にあった話では、「ヘルパーさんがお金をとった」とか、、「知らない男の人が家に入ってきて冷蔵庫を開けて、食べ物を食べていった」、、とか、そんな話をケア・マネージャーとかにするんです。(どうやら)自分が使ってなくなったお金なのに、あるいは自分が食べたからなくなった食べ物なのに、、「そのなくなったということ(結果)」から、上の「 」内のことを「そうに、違いない。それしかない」と思い込むようなんですよ。「そんなことはしてないです」って、上の例ではヘルパーさんが何度も言うわけですが、私の母は全く聞き入れません。。。(ヘルパーさんは必至ですよ。。それがホントなら、大変なことなんですから。。)と、まあ、そんなでした。お金は二ケタの万で、具体的に金額まで言ってね。ヘルパーさんは大変です。ケア・マネージャーも動き出しますしね、。。もっと詳しくも書けますが、この辺で。。)

b0155395_17372864.jpg


by KSatPhotos | 2017-10-12 17:38 | KSat のそこまで言って委員会 | Comments(2)
Commented at 2017-10-13 05:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by KSatPhotos at 2017-10-13 07:05
ホント、その通りですよねぇ。
<< 「しがらみのない政治」って、ど... 「希望の党」、なぜ失速?? >>