人気ブログランキング |

政治団体「日本未来の党」の嘉田代表のこと。

以下のエキサイト・ニュースによれば、嘉田由紀子滋賀県知事は、政治団体「日本未来の党」の代表を辞任するとのこと。

政党まで結成して、国政選挙に臨み国民に訴えたことを、いとも簡単に投げ出したわけだ。。

ついこの前まで、「兼任」できると主張していたわけだし、、なんだか、「滋賀県民のせい」にして、投げ出したような印象がある。

まあ、ホント、いい加減だよね~。


KSat は、「卒原発」との主張は、国政レベルで継続し、そのためには、福島県に、政治団体「日本未来の党」の嘉田代表として半移住などして、「フクシマ原発事故の終息」のために、がんばっていくべきではないのか等と思っていた。。それこそ、今こそ「卒原発」を目指して、環境学者としてすべき仕事だって、なんぼでもあるはず。。。
 「原発災害からの復興成就」は、卒「原発」に必要な一つの要素とKSat は考えているが、このようなマターに真剣に取り組む環境学者は、多くいてよいと思う。


なぜ、滋賀県知事という職に留まるのか?

なんの覚悟もないような、ここ数ヶ月の言動のようなことをする政治家は、(滋賀県知事としても)要らないと思う。

もう、滋賀県知事をやめてほしい。

何かの真似みたいに、「嘉田塾」なんて「政治塾」をかたって続けることも、やめるべきと思う。。。
その政治団体の代表をやめるならばなおさら。。

まあ、何はともあれ、県知事をやめてほしい、、、、ということ。

勘違いしたらいけません。

***************<<以下、エキサイト・ニュースから>>*********************

滋賀県の嘉田由紀子知事は4日、政治団体「日本未来の党」の代表辞任を正式に表明した。県職員への年頭あいさつの中で「代表を後任に譲る。県政に専念できる態勢をつくりたい」と述べた。嘉田氏は自身の国政関与について「原発リスクの高い滋賀県の安全と安心のためにと立ち上がったが、結果的に多くの県民にご心配をおかけした」と陳謝した。滋賀県議会は昨年末、嘉田氏に知事と党役職との兼務解消を求める決議を可決。

b0155395_174026.jpg

by KSatPhotos | 2013-01-04 17:37 | 政治のこと | Comments(0)