人気ブログランキング |

K.Sat写真の目線

トップ記事 // ご注意です。

☆ 禁止事項…ここのブログのポートレート写真について、無断で持ち出すことは、モデルさんご本人を除き、固く禁じます。

☆ 風景写真についても、同様であり、無断で持ち出すことはご遠慮下さい。

☆ 最新記事は、一つ下の記事となります。



☆ 引退したモデルさんの写真・記事は、原則削除するようにしています。当方で自発的な削除もしますが、削除要請のご連絡もウェルカムですので。。。
  (本ブログに鍵コメントでご連絡いただいたモデルさん、SNSを非公開に設定変更されたモデルさん等の記事を削除しています。)


***************************************************************************************************************
 従来、未来の投稿日時設定にしてかつ「非公開」の記事にして、一人で眺めて楽しんでいた KSat 自身が撮影した琵琶湖等の風景写真を、トップ記事として、公開します。写真は、最新のものではありません。過去に撮り貯めたものです。
写真は、適当に、増減、入れ替えなどするかもしれません。


琵琶湖。。。 だいたい、「沖島」あたりがメインの画像が多いです。高島~今津~マキノあたりの西岸沿いの風景の画像もあります。

「沖島」…室町時代、今参局(いままいりのつぼね)(大河ドラマ「花の乱」で、かたせ梨乃さんが演じたのが良かったですねっ)が流された島なんです(流刑)。 彼の地に流されて、直ぐに、刺客を送られ惨殺されてしまうのですよ。、、嗚呼、、。

*********************************************************



28
 白髭神社前から同神社の湖上鳥居を介して、沖島の瀛津島神社、対岸・近江八幡市の日牟礼神社方向を臨む。

 そう、この湖上の鳥居は、この写真の撮影位置(陸上側)からだと、沖島にある瀛津島神社、近江八幡の日牟礼神社を拝するようになるのだが、沖島自体を拝するというのがぴったりだと思う。

 以下の「 」内は、そうしたことに言及している「沖島物語」(西居正吉 氏 著)の抜粋の写し。神額が両面に掲げられているということが、特別なことなんだ。


「 奥津島(瀛津島)神社を真ん中にして、一線上に並ぶのは“白髪神社”と“日牟礼神社”です。
 湖西に鎮座する白髪神社(祭神は猿田彦命さるたひこのみこと) の鳥居は、湖中に建てられていますが、神額が両面に揚げられており、その形態は他に例を見ません。よって白髪神社を拝する場合は、湖上から遥拝することになりますが、陸地から拝するのは、鳥居が真正面に位置する沖島です。

 奥津島(瀛津島)神社の境内に社歴由緒の木製の碑が建立されています。その中には、紫式部が詠んだ歌が記されています。

"“境内の木製の碑”"
 “おいつしま 守りの神やいますらん 波もさわがぬ わらわえの浦”

 沖島の歴史の古さを物語るひとつです。
 そして、奥津島(瀛津島)神社は今から二百五十年前に再建されてその間、何度が修復されてきましたが、老朽化してきたため、氏子の念願で神殿が平成十五年十一月に造営奉納されました。 」
(《参考・引用文献》 「沖島物語」 西居正吉 氏 著)

b0155395_1333278.jpg






39
瀬田川畔にある石山寺。


b0155395_17425459.jpg





23
 びわ湖西岸。盛夏の日。
b0155395_1735569.jpg







写真の続きは、「More」 をクリックしてねっ!、
 ↓




0A
びわ湖西岸から、沖島を臨む。 
b0155395_2139509.jpg





0B
びわ湖上から、春の沖島漁港を臨む。4月、桜の沖島。
b0155395_1274470.jpg





1 
堀切港から沖島を臨む。5月の夕方。
b0155395_1834917.jpg







2  
3月。
沖島から、残雪の比叡山(奥比叡)~比良山系を遠望。 
ここでの風景は、過去にキャノンのレンズカタログに作例写真として掲載されたことがある。
夕景に猫がシルエットで浮かんでいる写真で、28-135mmのズームレンズの作例写真として。
該レンズが、万能レンズとして脚光を浴びていたころのことだねぇ。
b0155395_18194477.jpg







5月。一日の島歩きを終え、沖島から堀切港に向かう通船から夕焼けの沖島を臨む。

左に頭山、右に尾山。
この日は、尾山のホオジロ広場で、沖島小学校の生徒さん、先生、父兄の方たちが登山しているのに遭遇しました。沖島物語の著者「西居正吉」さんと思われる方も同行していました。少し言葉を交わしましたよ。尾山にある古いお寺跡の整備のことなどに関してです。
b0155395_18185460.jpg











 沖島の西岸(瀬戸浦)にて、琵琶湖の風を見る。この日はとても穏やかな日でした。
 びわ湖の深さは85mと言われてますが、国土地理院発行の2万5000分の1地形図「沖島」によれば、沖島の北の沖合1kmあたりに85mの等高線(等低線)があります。わりと沖島付近は深いんですね。ちなみに沖島と堀切港の間は、だいたいは5mの等低線です。
b0155395_1824027.jpg








堀切港から、沖島・頭山方向を臨む。先代の沖島通船が写っています。4月、桜の沖島。
今の通船よりもだいぶ小さかったんです。船幅は小さく、舷方向を背中にして座るようになっていたと記憶しています。乗船代は、島民外は400円と安かったんです。
この画像は、堀切港から、70-200mmズームレンズで撮っています。

b0155395_18242278.jpg







びわ湖西岸・高島市から沖島方向を臨む。冬。雪が積もった西岸の砂浜から撮っています。
b0155395_1833881.jpg










7 
  渡り鳥。
  7月のこの日は、沖島の西岸(瀬戸浦を臨む)にいたとき、急に空が真っ暗になり、墨絵のような世界となりました。そして、激しい通り雨に見舞われました。
 その時の写真は19です。
 その日の島から帰る時に撮ったのがこの7の写真です。
 (KSat は、子供の頃、秋田で育ったのですが、渡り鳥をよく見たものです。空に向かって、「カギになれーっ」て叫んだりしてね。八郎潟があったせいかと思うのですが。。 今は、琵琶湖の空以外では、こうした渡り鳥の群れを、見ることがないなぁ、、、って思います。「空」を見上げることが、日常、ないしなぁ、、、と、、独り言。。。「渡り鳥が飛んでいく姿」、、、忘れられない、良い風景だと思うんです。)
b0155395_1823660.jpg








 沖島にて。 冬。
 白く見えるのは雪です。廃屋の屋根に積もっています。この朽ちた人家のところまで岸べを伝って行くには、道らしき道もないようなところをたどって行くしかない、、そんなところにこの朽ちた人家はありました。
 
b0155395_18123428.jpg










9月。琵琶湖西岸の彼岸花。
近年、このあたりの樹木の下まで車で乗り入れて、車の横に天幕を張りシートを敷いてテーブルと椅子を置き、日中の長時間を過ごしている家族連れに遭遇することがある。
なんだかなぁー、、、とKSat は思ってしまうのだが。。。
 
b0155395_17441947.jpg






10  浜大津(大津市)。冬。
b0155395_1191066.jpg












11
近江の彼岸花。9月のびわ湖西岸。

b0155395_14453989.jpg















12
琵琶湖西岸に咲く彼岸花。9月
b0155395_1452206.jpg











13
 沖島小学校の現在の湖水の水泳場。
 小学校にはプールもあるのですが、湖水の水泳場もあります。 「湖面で泳ぐこと」を重要視しているのだろうと思います。

 旧小学校時代は、瀬戸浦という湖水に面した島の西岸(焼浜)にありましたが、ここの新水泳場は、新小学校が建設(平成7年)された後に設けられたのだと思います。小学校から厳島神社に向かう道の途中右手にあり、南岸になり近江八幡市寄りにあります。
 画面上隅の中央左寄りに国民休暇村が見えています。

b0155395_22524946.jpg









14 
 ガーデンミュージアム比叡にて。
b0155395_17484251.jpg







15 大津市の消防艇庫。
b0155395_17423437.jpg







16 
 5月、びわ湖西岸のハマダイコンの花(走っていく姉弟)。
 5月になると、西岸にはハマダイコンの花が咲きます。
 北湖の西岸は、護岸があるわけではなく、自然のままに浜が続いています。
 湖水上、遠くに広く見えているのは、びわ湖独特の定置網「魞(えり)」です。
b0155395_109192.jpg








17 
 5月。びわ湖西岸。 ハマダイコンの花(竹生島遠望)。
 ここに写っている竹生島は、びわ湖のかなり北部域にあります。
 この竹生島は、びわ湖南端にある大津市中心部からは方角的には見えてもよいのですが、びわ湖が広いので、水平線の陰になってしまい(地球は丸いので)、大津市中心部からは見えません。。。(ということのようです)。
 
 KSatも、大津駅前にあるスーパー平和堂の高い階から見えないかと試みましたが、やっぱり見えませんでした。
 大津プリンスホテルの最上階あたりからは見えるのかしらん? 行って見てみたことがなく、わからないのよね ><;) 。。  狼煙(のろし)を竹生島で上げてくれれば、真偽が確認できそうやね。。

 お気づきの方もいると思いますが、某テレビ局で「鳥人間コンテスト」という競技が毎年開催されますが、その舞台はびわ湖の北湖(彦根市にスタート台)。
 びわ湖以外では、「安全に競技を開催すること」は、日本中どこを探してもまず不可能なのでしょう。。

b0155395_10111235.jpg








18 瀬田川。5月。びわ湖の水は、瀬田川となり、さらに宇治川、淀川となって大阪湾に流れます。びわ湖南端というか、この瀬田川あたりはボート競技のメッカです。毎年5月には朝日レガッタという有名競技会があります。
b0155395_2031280.jpg





19 
7月。 沖島西岸から、沖合を南に進むカヌーの2人を臨む。
写真7と同じ日。このあと、強烈な通り雨がくる。
対岸(西方向)の比良の山では、このとき既に通り雨に見舞われている模様。
カヌーの2人は、全速力で急いで南下して行った。

KSat は、"The Water is Wide" という古いヨーロッパの歌が好きだ。
関西では、尼崎競艇のCM曲としても知られる良い曲。この曲をCMに使っている企業は、生命保険会社なども。。。

あ、今は、確かソニーのミラーレス一眼機 「α-7」 のCMにも使われているにゃ。

NHKの朝の連続ドラマ(「花子とアン」、「まっさん」)にも出てきていた名曲中の名曲だ。

♪♪ The water is wide, I cannot cross over.
And Neither have I wings to fly.
Give me a boat, that can carry two,
And both shall row, my love and I.

Now love is gentle and love is kind
The sweetest flower when first it’s new
but love grows old and waxes cold and
fades away like morning dew
   ………


b0155395_231472.jpg






20
 浜大津にて。
 クイズ写真: 斜面の向こうに見える4つの物体が、それぞれ何であるか?、、、当てなさい。。。って。

b0155395_1965074.jpg
一番左は、岸辺のなぎさ公園(名称は、違うかもしれませんが)にあるモニュメント。その右は琵琶湖汽船の観光船「ミシガン」です。ミシガンは、外輪船で湖面を滑るように走ります。一日に何度か、南湖のクルーズに出て、働き者です。その右が大津プリンスホテルの上階、その右が、琵琶湖汽船の観光船「ビアンカ」。ビアンカは、ディナークルーズなど、長時間コースで活躍と思います。
写真の上ではわかりにくいですが、一番近いのはモニュメント、次がミシガン、次がビアンカ、プリンスホテルは、もっとも遠く1キロぐらい先にあります。
浜大津港の風景です。




21
沖島。3月下旬の穏やかな日でした。
b0155395_15161371.jpg





22 
5月のびわ湖西岸。
b0155395_15331549.jpg


















24
びわ湖 西岸 
b0155395_0253572.jpg













25
 5月。堀切港からの沖島の夕景。
b0155395_23561629.jpg







26
  堀切港から沖島遠望。
b0155395_0145251.jpg





27
  旧沖島小学校跡地から。近江八幡市・堀切港方向を臨む。
  雪の降るベンチに座り、昼食のお握りを食べ休憩し、八幡の方を撮った。
  雪を避ける屋根はない。

   (これはカラー画像です。白黒ではありません。)
b0155395_0154178.jpg



















29
堀切港から沖島に向かう通船から、近江八幡市方向を臨む。

奥つ島山。


b0155395_22252911.jpg








30
 秋の好日の午後。 沖島・尾山の三角点がある広場から、画面中央右奥の遠くに観音寺山を臨む。その手前にすっぽりと入った形で安土山が見える。

 安土山には、織田信長が築城した安土城の城址がある。

 織田信長は、この琵琶湖に沿って、長浜城に秀吉、坂本城に光秀、高島に織田なんとか、と極めて信頼のおける家臣をおいて、現代であれば、東京のJR山手線のような「環状」の高速大量輸送網(船運)を作ったんだね。
 これで織田の大軍勢を近畿はもちろん、北陸、東海などにも向けて短時間で集結・進軍できるようにしたわけなんだ(東海道の西方向(京都)、同東方向(伊勢・尾張)、中山道(美濃)、北国街道(越前、越後))。安土はその「高速環状大量輸送網」のほぼ中心位置といっていい場所だね。


 当時の安土山は、湖に岬状になって突き出しており、三方が湖水に囲まれていた。この湖水と、陸地の観音寺山と相俟って安土城は、極めて堅固な城だったんだねぇ。まして、近隣では、比叡山をはじめとして、近江の城や寺社を容赦なく焼き払ってもいたしね。

 なぜ信長が安土に城を作ったのか? という点では、その要塞のような「守り」が主でなく、上記した「(各地への)攻め」そのもののためだったのだろうと思う。 築城の常識とかけ離れた「広く真っ直ぐな大手道」が設けられていることもその表れなのだろう。 決して「守り」の発想ではないのだね。
 こうした高速環状大量輸送網の上に、坂本には光秀、長浜には秀吉、この力のある信頼おける部下をおくってことは、ほんと素晴らしい布陣だと思う。


 そして、そして、、当時のこの島の役割は、とても高いものだったに違いない。

 尾山の背骨とも言える尾根沿いには細い山道(縦走路)があるが、ケンケン広場のあたりとか、ケンケン広場から頭山方向に向かうあたりとかで、道の一部でとても硬い土質のところがあって、かつては何か見張り台・のろし台とかの立派な建築物でもあったのではないだろうかと思わせるのだね。
b0155395_18264885.jpg








31
沖島遠望 桜の季節
島の船が2隻、堀切港から帰っていく。湖水上、白く見えるのは「沖島水道」の流れ。
頭山(写真上、左)と尾山(同、右)をつなぐ平坦地に、願證寺の本堂がシルエットで見える。
ご承知の方も多いと思われるが、この島には浄土真宗のお寺が2つある。
なお古く昔は、尾山に寺院があったと伝わり、神島と呼ばれた信仰の島でもあるのだ。
b0155395_2362290.jpg






32
びわ湖の漁法の一つに「魞(えり)」漁法というのがある。湖底に竹を何本も垂直に突き刺して、上から見ると矢印をしたような魚道を形成し、魚の習性を利用して、魚道の隅に魚を集めて一気に獲るという漁法なのだが、ときどき、スカスカになった魞のような竹の集合を見ることがある。ブログ主は、それは廃棄された魞だろうと考えていたのだが、撮った写真を見直してみると、浮きブイが付いた漁網が取り付けられていると思われる写真があった。漁網を使っているならば、「魞」ではなく、「刺し網」と言うべきものだったのかな。いずれも「定置網」漁法に分類されると思うが、詳細には相違することになる。機会があれば、漁師さんにでも聞いてみたい。

(追記・・・その後、魞(えり)の発達史に関する研究論文等で調べてみたところ、「魞」は、中世以来昭和30 年代に至るまでは竹杭と竹簀で作られるのが基本だったとのことであるが、現在は、ほとんどが「網魞」というように網も使用されているとのことである。つまり、網を使用しているから「魞」ではないということにはならない、、ということ。また、竹杭がスカスカだから魞と違う、、ということでもない。この写真のは、沖合では「矢印の形」の先端部分に繋がっていると思われ、立派な「魞」と言ってよいと思う。)

(写真は、びわ湖西海岸(高島市)で。竹生島を遠望。)
b0155395_10431753.jpg







33
沖島・尾山にある三角点。30の記事に少し関連する記述あり。
湖中にある三角点は、珍しいのではないかな。国土地理院の2万5000分の1地形図「沖島」では、三角点マークのそばに「220.2」と記されている。
尾山の標高が220.2mということであり、沖島の最高高さ地点ということだろう。その最高高さ地点は、西居正吉氏著の「沖島物語」によれば、「島の山頂・宝来山(225m)」(112頁)とも、「蓬莱山(ほうらいやま)」(136頁、沖島所在地名)とも、記されている。

b0155395_11115261.jpg






34
近江八幡市立沖島小学校の校庭

沖島小学校は、沖島南岸の旧港に面した湖岸にある。学校舎と岸の間にはこの校庭が広がっている。
旧港には、かつて、現在の通船が運行される前、島の中高生の通学に使用された通学船「わかば丸」が泊っている。秋になると、この校庭には無数の赤とんぼが舞い、気持ちのよい校庭だ。
この校庭には、真ん中に踏み跡で形成された通行路があって、生活道路として、島民も来島者も自由に往来ができる(と思う)。従って、正式には校庭ではないのかもしれない。
この新小学校は平成7年に開校したもので、道路はそれ以前からあったに違いないのだね。

旧小学校は、高台の上にあった。その跡地で撮ったのが27の写真。

「沖島物語」に載っている旧小学校の写真を見るとなかなかと良い感じの木造校舎。狭い島の高台なので、わりと急な石段を使い登下校するが、往時は島にたくさんいた小学生が元気に行き来する様子が目に浮かぶ。

(後日に追記)・・・この写真の広場は、学校の運動場ではなくて、古い港を埋め立てて造った沖島みんなの広場ということです。秋には、この広場で島民の運動会が開かれるとのことです。沖島小学校HPに記載がありました。

b0155395_0312732.jpg






35
びわ湖の沖島水位計
びわ湖の水位は、南湖、北湖の何か所かでリアルタイムで測定されている。沖島沖にも設置されている。
場所は、北西岸の沖20mぐらいか。北西岸沿いに広がる「千円畑」の北端あたりだ。
このあたりだと、畑仕事にきたご婦人以外はめったに人に逢わない。

b0155395_114144.jpg







36
沖島 で過ごす夏休み。
この島ですごす夏休みは、子供達にとって格別なものだろうと思う。
b0155395_15282684.jpg





37
堀切港からの夕照
b0155395_15345541.jpg





38
沖島小学校から弁財天に向かう道上で、南南西方向に向かい、沖島漁港を臨む。
b0155395_2122344.jpg










by KSatPhotos | 2020-12-31 23:59 | びわ湖 | Comments(14)
Commented by ★元気ばば★ at 2013-06-04 07:22 x
素晴らしい景色ですね。
カメラが趣味なんですね
Commented by KSatPhotos at 2013-06-04 12:36
★元気ばば★さん、ご来訪、ありがとうございます。
はいっ、まぁ、カメラ、趣味なんでしょうねぇ。
でも、最近は風景の写真、あまり撮れてなくて、女子ポートレート写真が多くなりました。
Commented by rimamasa at 2013-11-19 21:58
こんばんは、琵琶湖って本当に大きくて海みたいですね^^;
小さい時、大津の親戚の所に行った時に初めて琵琶湖を見てでっけいと言った事を思い出します。
Commented by KSatPhotos at 2013-11-19 22:23
rimamasa さん、今晩は。そうですね、びわ湖では、普通に波が寄せてくる日もありますから。テレビの「鳥人間」競技も、びわ湖が舞台だからこそ、できるのだと思います。
大津で見たのなら、いわゆる「南湖」ですね。今では、岸辺がコンクリートになって、だいぶ環境が変わったと思います。
ここのブログでは、「琵琶湖」のカテゴリで分類してますので、どうぞ、お時間があればご覧下さいませ。最近の10年以内の写真です。
Commented by noboru-X at 2015-05-14 21:20
新緑の湖畔・・・なんか、ほっとします。
Commented by KSatPhotos at 2015-05-15 01:30
noboru-xさん、コメントありがとうございます。
撮影地は北湖の湖岸ですが、コンクリートの護岸もなく、こうした比較的大きな樹木が茂っています。
私も大好きな風景です。
Commented by rummenthol2 at 2015-10-13 12:31
もう20年近くまえになるかもしれませんが、上さんの運転で東京←→愛媛を往復したことがあり、
往路は京都の姉宅に止まり、復路は姉の用意してくれた大津プリンスに止まったこと思い出しました。
夜着いて朝早く発ったので琵琶湖の思い出はほどんどありませんが、
夜景の対岸に花火の上がっているのが見えたことを思い出しました。
Commented by KSatPhotos at 2015-10-14 01:06
今晩は。
花火は、草津か堅田あたりの大会のものと考えます。
琵琶湖は地味な湖と思うのですが、夏場は、岸沿いにネックレス状に花火大会が次々と開催されていくんですよ。
また、ぜひ滋賀に起こし下さい。
Commented by makuropapa at 2015-12-30 08:25
今年一年お世話になりました

残す処あと2日になりました 

素晴らしい新年をお迎え下さい

来年も宜しくお願い致します
Commented by KSatPhotos at 2015-12-30 22:29
makropapaさん、こちらこそ、今年一年お世話になり、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。
現在、PCが入院中で写真のアップができず、取り急ぎ携帯で書いてます。よろしくです。
Commented by マーサです。 at 2016-05-25 20:32 x
初のコメントです。

ブログにコメントありがとうございます。

6月4日にTLP撮影会があります。(万博)

私は参加予定です。(雨が降ってスタジオになると参加しないかも)
さとさんが参加して頂けると会えますね。

考えて見て下さいね。
Commented by KSatPhotos at 2016-05-26 21:06
マーサさん、コメントありがとうございます。
TLP撮影会には撮りたいなあと思うモデルさんもいて、また、マーサさんにもお会いしたいし、、、ほんと、ありがとうございます。
で、そうなのですが、私、土曜日、日曜日は事情があって、原則、長時間、家を空けられないんです。ですので、平日でないと撮影に行けないんです。
平日ならば、個撮でも、、、と、、すっと考えているんですが。。。
Commented by sixjump at 2018-07-22 07:19
おはようございます。
ブログに来ていただきまして、ありがとうございました。琵琶湖は大好きで、家内と犬(チェリーちゃん:アメコカ)で年に何回も訪れます。特に、湖北が綺麗で、歴史(浅井家)を思い浮かべたり、菅浦集落なども4回ほど訪れています。今後ともよろしくお願いします。
Commented by KSatPhotos at 2018-07-22 08:45
ようこそ。sixjumpさんのお写真では、いろいろとこちらも楽しませていただいてます。特に、びわ湖は、自然はもちろん文化的・歴史的な価値がある、、と私なりに思っています。そうした中、「自分なりの写真」を通じて、それを見る人に何かを伝承していけたらいいなと思っています。sixjumpさんは、地理的にも分野的にも広い範囲での撮影をしていらっしゃって、かつ技術的にもすごいなと思います。私ももう少しがんばってみようかな、、。
「95歳、年金の他に、2000... >>