人気ブログランキング |

空を飛ぶ鳥のように、自由に生きるということ。

私が高校生の頃、空を自由に飛ぶ鳥に重ね合わせて、「自由にいきること」をテーマとした歌が多くあった。
五つの赤い風船「もしもボクの背中に羽根が生えていたら」
森山良子「今日の日はさようなら」
フォーククルセダーズ「イムジン河」
赤い鳥「翼を下さい」
などなど、、。

高校の制服の自由化など、私たちは、昭和の激動期に、私たちなりに自由な世界を創るようにして、生きてきた。。。
それは、自分の自由を尊ぶし、また、他人の自由も尊ぶものだった。

自由に生きるということは、良いことだ。。。でも、他の人の自由にまで干渉してはいけないのさ。

最近、こんなことを書きたくなる事例があった。
そして、私たちの一つのグループは、壊滅的な打撃を受けた。
もう、元には戻らない。

b0155395_2204433.jpg

b0155395_22273830.jpg
b0155395_22312380.jpg
b0155395_22322143.jpg

by KSatPhotos | 2009-03-12 22:14 | びわ湖 | Comments(0)