<< こまち号の車窓から、、、。さあ... 「残像の記憶 --Yuuri-... >>